悲恋から学ぶ恋愛の教訓ブログ

banner

人は悲恋好き

2014-03-28

人は悲恋好きイメージ
人は恋愛でも悲恋話をどうも好む傾向にあります。
「人の不幸は蜜の味」と言った人がいますが、悲恋話は様々な題材になりやすいのも確かです。
有名な悲恋話が「ロミオとジュリエット」です。
実はこの話はギリシャ神話の「ピュラモスとティスベ」を元にして作られています。
書いた作家は劇作家のウィリアム・シェイクスピア。
最近の若い世代は活字離れが進んでいるので、作家の名前や作品すら知らない人もいるでしょう。

ジュリエットのいるキャピュレット家とロミオのいるモンタギュー家は互いに仲が悪く、そんな中で二人は愛し合っていました。
背景は14世紀のイタリア。
二人は修道僧の下でひそかに結婚するのですが、この後友人間の争いに巻き込まれロミオは人殺しをしてしまいます。
この罪によりロミオは追放されるのです。
問題はこれからでした。
ジュリエットに助けを求められた修道僧は「仮死の毒」を彼女に渡しました。
修道僧の立てた計画はロミオ側には正確に伝わらなかったため、不手際が起こります。
ジュリエットが死んだと誤解したロミオはジュリエットの墓で毒を飲んでしんでしまいます。
その後を追ってロミオの短剣を使いジュリエットも死んでしまいます。
しかし、二人の死がきっかけとなり、両家はようやく和解したのでした。

カテゴリー: ブログ 

管理者よりご利用者様へ

悲恋から学ぶ恋愛の教訓ブログイメージ
数多くある悲恋の話は多いです。そんな悲恋から学べる恋愛の教訓をまとめているブログです!

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

サイトマップ

運営者情報

運営者情報イメージ

悲恋から学ぶ恋愛の教訓ブログ

代表
沙織

お問い合わせ
ishd2012info@yahoo.co.jp

Copyright(c) 2014 悲恋から学ぶ恋愛の教訓ブログ All Rights Reserved.